Archives for 1月2013

第1回&第2回 [Play部屋]Playはじめて&もくもく会を行いました

Play frameworkの手を動かす系の勉強会である「[Play部屋]Playはじめて&もくもく会」を開催しています。Play frameworkは、JavaもしくはScalaで開発が可能な、Webアプリケーションフレームワークです。WebSocketなどをはじめとする先進的なウェブの実装にも適しています。

第1回目を行った自体でブログエントリを書けばよかったんですが、ぐずぐずしている間に第2回も終わってしまいました。。

第1回目の話

第1回目は、2013年01月15日(火) 19時00分 – 22時00分に行いました。

-Play部屋- Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会 – 日本Playframeworkユーザー会

実はこの日は結構急に決まったので、開催告知もあまり開催日まで時間がない感じで行ったのですが、多くの方に参加していただき、20人の方が集まりました。

当初募集時は「Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会」という名称だったんですが、テーブル担当者が名乗り出ていただいたおかげで、JavaとScalaの両方のサポートが可能になりました。

20人というと、それほど多くないじゃないかと思われるかもしれませんが、そもそも会場となったコワーキングスペース茅場町 Co-Edoのハンズオン系の机有りな状態が25人くらいがたぶんMaxな感じなので、結構ぎゅうぎゅうな感じです。

当日は、この会の特色である初心者の人も積極的にPlay frameworkを試せるようにしていくという点を踏まえて、Play 2.0 Javaのはじめてテーブルを僕が、Play 2.0 Scalaのはじめてテーブルを小原さんが担当する感じにしました。

また、別途もくもくテーブルも用意してあり、ベテランな方々はここでもくもくとマイプロジェクトをしたり、談笑したりするという感じになっています。

shinya31さんによる当日のまとめがあります!

2013/01/15 Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会 #play_ja

あと、ブログ記事も!

[勉強会][Playframework][Java]Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会 に参加してきた #playbeya #play_ja

第2回目の話

続いて、第2回を2013年01月24日(木) 19時00分 – 22時00分に行いました。参加者は16名くらい。

[Play部屋] 第2回 Play 2.0 はじめて&もくもく会

今回も、Play 2.0のJava、Scalaのはじめてテーブルを僕と小原さんで担当したわけですが、今回は、はじめてその後テーブルというのも用意しました。

はじめてその後テーブルというのは、Playのチュートリアルはやってしまったけど、その後どうしようかという感じの方向けのもので、テーマは毎回変えていく予定です。

今回のはじめてその後テーブルのテーマはWebSocketということに決めていまして、参加者は、WebSocketのサンプルコードをいじって動かしたり、改造してちょっと違うアプリに仕立てたりと、取り組んでいました。

今後もはじめてのその後シリーズはやっていこうと思います。 次はテストとかにしようかなとか考えています。

第2回もshinya31さんによる当日のまとめがあります!

2013/01/24 [Play部屋] 第2回 Play 2.0 はじめて&もくもく会 #play_ja #coedo #playbeya

また、レポートも!

[勉強会][Playframework][Java]第2回 Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会 に参加してきた #play_ja #coedo #playbeya

というわけで、「Play部屋」を通じてPlay frameworkを広めていけたらと思います。 よろしくお願いします!

※あと、お手伝いいただける方も積極的に募集しています! 参加料も会場代1000円は必要なものの、それ以外はボランティア的な感じで運営していますので、ご協力いただけると助かります! @kara_dまでお気軽に!!

Read More

「Play部屋 – Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会」をはじめます

「Play部屋 – Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会」というイベントをはじめてみます。

第1回は、2013/1/15です。

「Play部屋 – Play 2.0 Javaはじめて&もくもく会」

今後どうなるかわかりませんが、Play 2.0 Javaを中心とした会になる予定で、まだPlayをやったことない人へも積極的にサポートしていこうと思っています(Java版をやっていっても徐々にScalaの本体コードを読んだりするので、Scalaの知識も増えると思います)

あと、Akka、Scala、sbt、WebSocket、HTML/CSS/JSプリプロセッサなどなどPlayで使われている技術もはじめてチャレンジしてみようという企画も今後考えてます(あくまで予定)

もちろん、ガチなひとがガチにもくもくするのも大歓迎です。 僕も手が空いた時とか自分のPlayプロジェクトをもくもくしたりもしようかなとか考えています。

とりあえず、以下今日のためのチート用リンク(今後いろいろ追加予定)

本家

ドキュメント

DLしたPlay framework本体の下記にPDFのドキュメントが含まれている

documentation/Play 2.0 Documentation.pdf

インストール

Documentation: Installing — Playframework を参考にインストールしてください。

といっても、JDK 6以降を入れて(入ってればそのままで)、DLしたZip内にパスを通すだけです。 あとは、[$ play help]コマンドで無事パスが通っているかの確認を行いましょう。

play consoleについて

総合ヘルプ

$ play help

起動

$ play

新規アプリケーション作成

$ play new HOGEHOGE

操作方法は

[app] help play

実行

[app] run

停止

^d もしくは ^c

本番実行

[app] start

本番停止

RUNNING_PIDに書かれているプロセスを削除

コンパイル

[app] compile

チュートリアル

読んでおいたほうがいいもの

以下追加予定

Read More

CSS Niteのベストセッションにて「ベストスピーカー」をいただきました

2012年、CSS Niteでは65回の関連イベントを通して227セッションが行われました。 のべ参加人数は6,919人(Ustreamでの視聴数を除く)。

2013年の年明けにCSS Niteのベストセッションが発表されました。

そこで、ベストスピーカーに選んでいただけました。(ありがとうございますだ…)

CSS Niteの2012年の開催記録は、

2012年、CSS Niteでは65回の関連イベントを通して227セッションが行われました。 のべ参加人数は6,919人(Ustreamでの視聴数を除く)。

とのことで、全国津々浦々、いろいろなところでイベントが行われるまでになっており、そんな中での選出ということで、嬉しい限りです。

その他、ベスト10セッションとして、

の2つを選んでいただきました。

僕のセッションは、CSS Niteの中でも技術系寄り実装寄りというよりは、データ寄りなもので、いわゆるデータマン的な役割として、専門の人をゲストに迎えてなにかしらのまとめを話すというものが多数を占めます。(バックエンドはテクニカルではありますが…)

また、ベストセッションには入りませんでしたが、同郷の清家順さんと行った「自治体デザイントレンド」もなかなか面白いものだったと思っています。

ベストスピーカーとしては、こんな評をいただきました。

年末に開催しているCSS Nite恒例のイベント「Shift」の目玉であるデザイントレンド。膨大なキャプチャとその解析から“時代に最適化”されつつあるトレンドの解説は、ある意味、エンターテインメントとしても成熟しています。

今後も引き続き「自分の分析やノウハウをまとめたものを、なるべくターゲット広く聞いて喜んでもらえるようなもの」を追求していけたらと思います。


※上場企業やグローバル企業、自治体などいろいろやっているデザイントレンドですが、企業のWeb担当者様および企画担当者様向けに内容をカスタマイズしたものも提供しています。興味ありな方は僕のメールアドレスまでご連絡ください。特に何かのWebサイト企画をはじめる前など、現状把握用途と考える材料の1つに有効です。

Read More