今年も Scala Matsuri のスポンサーになりました


昨年、Scala Conference in Japan 2013 というイベントが行われました。 Scalaのカンファレンスとしては日本初で、大規模なイベントとして成功をおさめています。

今年は ScalaMatsuri 2014 という名称に変わり、規模も大きくなり、定員も増えて、ますます世の中のScala自体やScala周辺技術への注目を感じさせます。

Scala Matsuri

Scalaって?

久々に会った人にScalaとかやってるんですよ的な話をすると、プログラマーの人でも「何それ?」って顔をすることが未だあります。知られているところではすごくメジャーで、それ以外のところではほぼ無名、まだそんなポジションだと感じます。

Scala というのはプログラミング言語の名前でして、Javaなど静的型付き言語を扱う人の間では近年特に有名になっている言語です。静的型付き言語系を扱わない人でも、HaskellOCamlなどとともに関数型プログラミング系な言語の話題で名前が挙がっているのを見たことがあるかもしれません。

はじめてScalaを聞いたという人でも、 TwitterLinkedIn などの世界的大規模サービスのバックエンドとして使われていると言えば、ほほーと思うかも。そのほか、国内のソーシャルアプリやSNSなど実はバックエンドがScalaですなんていう事例はいくつも存在しています。

この2年くらいで、Playの人だと言われることが増えた

僕自身、現在ほとんどの業務の中心を Play framework というScala製のWebアプリケーションフレームワークを中心に、バックエンドおよびそれ上で動くWebのフロントエンドへ注力しており、実際それによって生活が成り立っているといってもいいくらいお世話になっております。

また勉強会を継続的に開催しているおかげでいろいろな縁が生まれたりしています。

昨年は、Java版のPlay frameworkの書籍を出させていただく機会もあり、特にJava使いがメイン構成となっていてモダンなフレームワークを探しているチームには必読の書となっています。

Play Framework 2徹底入門
http://www.amazon.co.jp/dp/4798133922/

Play framework がScala で動いている以上、本イベントも積極的に応援したいと考え、昨年に引き続き微力ではありますがスポンサードさせていただくことにしました。

開催は、2014-09-06(土)と09-07(日)の2日間です。

現在追加席販売中とのことで、検討されている方はぜひぜひ。こちらよりお申込みいただけます

普段PHPとか使ってるし、縁がないかも?

とはいえ、Scala は、Java VM上で動く静的型付き言語なので、PHPとかをメインで使っている方や、JavaScriptメインで使っている方にはあまりなじみがない方向性&プラットホームでしょう。JavaScriptを扱うエンジニアでもAltJSのTypeScriptなどを導入したことがある人ならコンパイル時に型チェックが行える静的型のメリットに触れたことがあるかもしれません。

Scalaは、Javaの持つオブジェクト指向のシステムを更にブラッシュアップしたBetter Javaとしての側面があり、何らかのプログラミング言語を触る機会がある人は(それがたとえフロントエンドであっても)、触ってみると刺激をうけると思います。Scalaを通じて得られる知見は、その後のコードの書き方を変えてしまう可能性もあると感じています。

ぶっちゃけScalaやその周辺ツールであるsbtとかakka、難しいなあと思います。ただ、Scalaからはじまる旅というのが勉強の過程ではある気がしていて、Scalaで詰まり、よくわからず影響を受けたと言われるHaskellをいじりに行ってみたり、型理論の本を買ってみたりなどした旅を一巡りして帰ってくると、今まで扱っていた言語に関する見方は結構変わったりするよなあと。

あと、今回のイベントでは、Scala 設計者, Typesafe 創業者である Martin Odersky 先生の講演もあります。これもScalaの根底に流れる想いをじかに聞くチャンスです。

ということで、 Scala Matsuri よろしくお願いします。

Comments are closed.