統計的配色傾向コーナーもあるよ! Webデザイントレンド新潟は6/6開催


追加ネタを用意しての新潟参上です!

世界のサイト、上場企業3400社、地方自治体1700などの収集したキャプチャを分析して傾向をお伝えしているWebデザイントレンドですが、もう8年目。

このセッションは、僕の中のテクノロジー面、デザイナー面、メディア面の全てをクロスオーバーさせたコンテンツとして長年にわたって続けています。

今回は、新潟で行われる「CSS Nite in NIIGATA, Vol.4 w/新潟グラム

にて「Webデザイントレンド:キャプチャで振り返る2014ー2015年の潮流」としてお届けします。

新潟県内にお住みの方、隣接県にお住いの方、今回はおすすめなので是非来てください。損はしません。

どんな追加ネタかというと…

さて、今回のWebデザイントレンド、自動クロールを続けている定点観測キャプチャを中心とした解説をこれまで通りやるのですが、加えて追加ネタとして用意中のものがあります。

これまで貯めた膨大なキャプチャは、すでになかなかのビックデータとなっており、新しいキャプチャから傾向を分析するだけでなく、貯めてあるものからどう情報を引き出すかということも大事と思う今日この頃です。

今回は、そんなアーカイブの色の傾向についても調査してみることにしました。

解析を独自に構築しているJava/Clojureを使ってシステマチックに分析し、それらアウトプットについて思索を続けています。

例えば、地方自治体で2014年に使われた色ってどんな傾向があったんだろう?

全体を見ていない人は「各自治体ごとにそれぞれ自治体の色があるから見ても無駄なんじゃ?」と思ってしまうかもしれません。

でも永く見てきていると、意外とそうでもなかったりということがわかってきます。

同時期にまったく正反対の色に変化するサイトはいくつもありますし、それらが意外と似通っていたりもします。

こういうのは見てみないと見えてきません。そこから何かが見えてくるのか、見えてこないのか。わくわくしますね。

5年前からの変化は? 流行色との近似は?

5年前からの配色、面積の変化はどうだったかなんて、たぶん今となってはなかなか産み出せる情報ではないと思います。

色の情報は、頻度などの情報と共にデータベースに格納してはいますが、いろいろとやってみたい分析があり、まだ絶賛研究中です。

だから僕自身も楽しみ。

デザイントレンド久々の単独セッションだったり

ここ数年は、誰かとタッグを組んでデザイントレンドを行うことが増えましたが、初期は僕のみで講演していました。

個性豊かなゲストがいないので、当然幅は減りますが、僕ならではのこだわり情報の深度は増えると思うので乞うご期待!!

今回、「これからのWebサイト設計の新しい教科書 CSSフレームワークでつくるマルチデバイス対応サイトの考え方と実装」でおなじみ、まぼろしの松田 直樹さんのセッションもあり、こちらも期待です!!

開催情報

  • 日時 : 2015年6月6日(土)13:30-18:00(開場13:00) (終演時間は変更の可能性アリ)
  • 場所 : 朱鷺メッセ 中会議室 301 (新潟県新潟市中央区万代島6-1)
  • ハッシュタグは #cssnite_niigata4
  • 申し込み : http://cssnite.jp/niigata/vol04/

Comments are closed.