Clojureベースの静的サイト生成ツールCryogenを試してみる : その1


このブログはずいぶん昔にWordPressで作成して以来、だらだらと使い続けているわけですが、とりわけ大きく不満があるわけでもなく、今に至っています。

最近ではすっかりPHPに触ることはなくなり、HTML/CSS/JSといったフロントエンド系もしくは、JVM上で動くプログラミング言語(Java, Clojure, Scala)くらいとなりました。

ということで、一時期はWordCampでもセッションを持っていた面影はまるでなくなり、WordPress素人となりつつあります。

WordPressをツールとして使う分ならともかく、やはりいろいろとカスタマイズしていって自分好みにしていきたいと思うほどはモチベーションがあがらないので、新しいブログツールを探す旅にでました(できれば、Clojureがプライマリランゲッジなので、Clojureベースがのぞましい)

Cryogenってなんだ

これまでいくつか静的サイトジェネレータを試してきて、実際サイトを公開してきていますが、今回はこのブログのリニューアルを目指してClojureベースの静的サイトツールCryogenというのにトライしてみたいと思います。

Cryogenはそもそもなんと読むのでしょうか。「クリョージェン」でしょうか(知ってる方いたら教えてください)。

Cryogenは、単なる静的サイトジェネレータではないらしい

Cryogenは、不思議なツールです。 Cryogenは、Cryogen coreをはじめとする各種Cryogenライブラリと、Clojureの標準ビルドツールであるleiningenのプロジェクトテンプレートとしてのCryogenの2つで構成されています。

leiningenさえインストールされていれば、下記のコマンドで、Cryogenをはじめることができます。

$ lein new cryogen my-blog-name

静的サイトジェネレータというと、普通はmarkdownのような軽量マークアップ言語を静的なファイルとして出力するという機能がメインだと思います。

出力されたファイルは、GitHub pagesのようなオンラインホスティング用に利用したり、自分のサーバにて公開したりします。

例えばPlay framework 徹底入門の書籍サポートサイトは、おそらくこの手のツールで最も有名なJekyllを使って作られています。

Cryogenは、もう一つの顔があります。

Clojureを使ってWebアプリを作ろうとすると、Compojureという軽量Webアプリケーションフレームワークと、RingというWebサーバーレイヤのミドルウェアを用いることがほとんどですが(門外漢の人には何をいってるか意味不明かも)、Cryogenも、ローカルの確認環境時はこのフレームワーク上で動作したりします。

一言でいうと、markdownをコンテンツデータとしてホスティングできる状態としてプロジェクトが用意されるのです。

次回から、このちょっとユニークなCryogenについて見ていきましょう。

Comments are closed.