descjopというAtom-ShellのClojureScript版Leiningenテンプレートをリリースその後


昨日lein_template_descjopというleiningenテンプレートをリリースしました。

descjopと名付けているこのプロジェクトは、今はleiningenテンプレートのみの提供ですが、周辺ライブラリの準備なども考えていて、ClojureScriptおよびClojureを使ったデスクトップアプリの環境周りをラクチン&気持ち良いものにしていくプロジェクトとして考えています。

Clojure本家のMLでもリリース案内などさせていただき、何人かの人にスターをつけていただきはじめ、頑張っていこうとした矢先、本家のAtom-Shellがちょうどその日に改名してしまいました。

今後は、Atom-ShellでなくElectronという名前になるようです。

もともとAtom-Editorのベースとして使われていてAtom-Shellというちょっと暫定的な名称ではあったのですが、Atomに対するElectron、原子を構成する電子という名称となったぽいです。アイコンも変わりました。

つまり、正常動作しなくなりました

問題は、単に名称変更だけでなく、リポジトリ名も変わってしまったこと。

すごい偶然! このリリースタイミングで、この変更(笑

つまり、lein_template_descjopで利用しているGruntタスクの一つであるgrunt-download-atom-shell

で参照しているAtom-Shellも機能しなくなってしまったわけです。つまり、残念ながら今ダウンロードしても動きません。。。

解決に向けて

そこで、すぐにgrunt-download-atom-shellにissueを立ててみました。

僕はissueを立てるのみでしたが、1日経って開発者による複数のプルリクエストが投げられていました。

やはり、このあたりの動きはとても速いです。

ということで、このプルリクエストが反映され、新しいバージョンが出次第、lein_template_descjopも0.1.1としてリリースを行いたいとおもいます!

Comments are closed.