Shift 8、今年も無事終了しました


CSS Nite LP38「Webデザイン行く年来る年(Shift8)」

毎年のことながら、CSS niteのShiftと呼ばれる年末の一大イベント

CSS Nite LP38 「Webデザイン行く年来る年(Shift8)」

が終わると、今年ももう終わりだなあと思ってしまいます。

実際にはあと2週間という日数が残っているので終わったりすることもないわけで、多くの場合ここからの2週間がさらに激しさを増したりするわけです。

そんなこんなで、あっという間にShift8から2週間が過ぎてしまいました。今年は珍しく年末をまたいだ案件というものはなく、今年納めるべきものも無事おさまり、新年を迎えることができそうです。

ということで、前のエントリーでも告知した通り、Shift8は無事終わりましたという報告エントリーです。

このイベント、75分というセッション時間の長さもさることながら、長谷川恭久さんによる基調講演をはじめ、マークアップセッション、アクセシビリティセッション、ツールと制作環境、スマートフォンと続いた最後に行われるセッションとなるため、参加された方は大変お疲れだったと思います。

350人と予定されていた会場もほとんど満員で、ぎっしりな感じの会場。年末の忙しいであろう中、本当にありがとうございました。

僕は今年も坂本邦夫さん、矢野りんさんというメンバーでデザイントレンドを担当しましたが、今年は来場された多くの方々も感じられた通り、節目の年となったと思います。

さて、今年の傾向は?

毎年、とにかく国内外の大量のサイトをリサーチしてきています。

その結果、特に海外サイトでは顕著だったのですが、PCサイト、スマートフォンサイトという区分ではなく、スモールスクリーン、ワイドスクリーンという形でフレキシブルなレイアウト構造を持ったサイトへの移行が一気に進んだなというのが全体的な傾向として感じられました。

実際、日本でもスマートフォンをはじめとするスモールスクリーンのフルブラウザ端末の普及がいよいよ7割を超えるという時代に突入したスマートフォンの普及率という調査結果もあり、一般の若い人だけでなく、その親世代もスマートフォンを持つ時代というのがやってきたように感じます。

こういったスモールスクリーン方面のムーブメントがあるかと思えば、Full HD以上の解像度を持つディスプレイが、液晶モニタだけでなく、ノートPCなどにも導入されていった年でもあります。

たとえば、タブレットPCのベンチマーク的なモデルであるSurface Pro 3でも、2160 x 1440の解像度となっていますし、4Kモニタもずいぶん安い値段で導入が可能になってきました。

そういった中、特に海外サイトにおけるナビゲーションドロワー(通称ハンバーガー、またはホットドッグ)の普及に見られるような小さな画面遷移がページで起こるようになり、今後どういったやりかたでキャプチャを行っていくかを悩んだ年でもあります。

多解像度化と、ユーザのブラウジングにおける新しいルールの確立というあたりをベースにした様々なデザインアプローチの結果が今年セッション内で発表した様々なトピックにかかってきているように感じます。

去年も言ってたような記憶がありますが、今現在、このデザイントレンドにおけるリサーチ的な部分はシステム化をしているとはいっても、かなりアナログ的な分析方法となっているため、2015年の目標は機械的な分析を推し進めていくというのが当面の課題だったりします。ということで、来年末のShift(にまた呼ばれればですが)では、もう少し多角的な分析を提供できればと考えています。

さて、来年はどんな傾向になっているのでしょうか。

Comments are closed.